でか山を組み立てる若衆=七尾市府中町の印鑰神社

でか山を組み立てる若衆=七尾市府中町の印鑰神社

石川県 和倉・七尾・羽咋・かほく 祭り・催し

七尾の青柏祭 府中町「でか山」組み立て

北國新聞(2021年4月18日)

 5月に七尾市で行われる青柏祭(せいはくさい)で巨大な山車(だし)「でか山」を唯一展示する府中町で17日、でか山の組み立て作業「山建て」が始まった。同町の印鑰(いんにゃく)神社にPCR検査で陰性が確認された若衆約30人が集まり、レッカー車でつり上げた部材を組み、ロープでしっかりと縛り、祭り本番に備えた。
 若衆は3日間かけ、ロープで補強しながらでか山の骨組みである「地山(じやま)」を完成させ、むしろ張りに取り掛かる。完成したでか山は5月3、4日に神社前で展示する。
 山建てに先立ち、安全祈願祭が営まれ、関係者が作業の安全と健康を祈った。山建てを見守った同町総代の中越政秀さん(70)は「関係者からコロナ感染者が出ないよう祈った。コロナに負けない気持ちでやっていきたい」と話した。

和倉・七尾・羽咋・かほく ニュース

和倉・七尾・羽咋・かほく
イベント

和倉・七尾・羽咋・かほく
スポット