白いハンカチが垂れ下がっているように見えるハンカチノキ

白いハンカチが垂れ下がっているように見えるハンカチノキ

富山県 高岡・氷見・射水 花・紅葉

ハンカチノキ見頃 高岡の国泰寺

北日本新聞(2021年5月15日)

 高岡市太田の国泰寺の境内で、白いハンカチが垂れ下がっているように見える「ハンカチノキ」が見頃を迎えている。

 ハンカチノキは中国南西部原産で、ハンカチに見えるのは花ではなく苞(ほう)。同寺では二十数年前に信者が1本を植樹し、現在は高さ約10メートルに成長している。

 見頃は通常5月上旬から中旬。本来ならピークを終える時期だが、同寺顧問の北村月峰さんは「寺付近は二上山の麓で涼しく、開花時期が遅いのかも」と話している。

えきねっと びゅう国内ツアー

高岡・氷見・射水 ニュース