牡蠣まつりをPRする道の駅メルヘンおやべの従業員

牡蠣まつりをPRする道の駅メルヘンおやべの従業員

富山県 高岡・氷見・射水 グルメ

小矢部で牡蠣まつり、道の駅で販売

北日本新聞(2021年11月25日)

 小矢部市の道の駅メルヘンおやべは27、28日、店内で「牡蠣(かき)まつり」を開く。石川県の七尾湾で採れたカキを、炭火焼きやフライ、かき飯など多彩なメニューで販売する。

 能登鹿北商工会(七尾市)から依頼を受けて開催。来年1月から同市内で行われる七尾湾能登かき祭をPRし、広域的な観光振興につなげる。

 道の駅の島津貴之社長(50)は、能登かき祭の来場者は石川より富山県民が多いとし「小矢部にもぜひ食べに来てほしい」と話した。午前10時からで、カキがなくなり次第終了。

えきねっと びゅう国内ツアー

高岡・氷見・射水 ニュース