会員の力作が並んだ会場=白山市民工房うるわし

会員の力作が並んだ会場=白山市民工房うるわし

石川県 加賀・白山・小松 その他

四季捉えた57点 白山・うるわし

北國新聞(2022年7月13日)

 第14回日本風景写真協会石川支部展「北陸の四季」(北國新聞社後援)は12日、白山市民工房うるわしで始まり、北陸三県の四季を捉えた会員19人の力作57点が並んだ。

 二重の虹が架かる加賀市の柴山潟や、雪が積もったイイギリの実をついばむヒヨドリ、フジバカマの蜜を吸うアサギマダラ、日光に照らされて輝くクモの巣など、会員の豊かな感性が光る作品が来場者の目を引いた。17日まで。

えきねっと びゅう国内ツアー

加賀・白山・小松 ニュース