今年開業90周年を迎える上高地帝国ホテル=昨年7月

今年開業90周年を迎える上高地帝国ホテル=昨年7月

長野県 松本・上高地・美ヶ原 祭り・催し アウトドア・レジャー

上高地帝国ホテル(松本市)、開業90周年企画を展開へ 「上高地の名水を楽しんで」

信濃毎日新聞(2023年2月8日)

 松本市安曇の上高地帝国ホテルは今年、開業90周年を記念してさまざまな企画を展開する。自然の恵みをアピールしようと水に着目し、全客室などに飲用の専用水栓を新設。北アルプス上高地の魅力を若い世代に知ってもらう目的で、学生による絵画コンテストも開く。

 1933(昭和8)年10月に開業。スイスの山小屋をイメージした赤い屋根などが特徴だ。

 今年、地元の清水川の始点から引き入れている飲用水の専用栓を、全74の客室とロビーに設置。ロビーの栓は宿泊者以外も利用できる。同ホテルを経営する帝国ホテル(東京)の担当者は「ハイキングに行く人たちにも、上高地の名水を楽しんでほしい」。

 学生向け絵画コンテストは「上高地帝国ホテルの外観」がテーマで、県内在住の高校生以上が対象。4月26日~9月30日に作品を受け付ける。 吹き抜けを囲むホテル2階の回廊には、開業当時の写真を展示。写真を見ながら、当時のエピソードや歴史をスタッフが宿泊者に紹介する企画を、6月中旬から予定する。旅行ツアーや記念グッズ販売なども計画している。

 今季の営業は4月26日から。宿泊予約を受け付けている。絵画コンテストの問い合わせは(電話03・3539・8240)、その他は(電話03・3592・8001)へ。

詳細情報

リンク
信濃毎日新聞デジタル https://www.shinmai.co.jp/news/article/CNTS2023020700823
今月のお得な国内ツアー びゅう

松本・上高地・美ヶ原 ニュース