御宝田遊水池の周辺を飛ぶコハクチョウ=13日午前11時24分、安曇野市明科中川手

御宝田遊水池の周辺を飛ぶコハクチョウ=13日午前11時24分、安曇野市明科中川手

長野県 白馬・安曇野 アウトドア・レジャー その他

コハクチョウの北帰行が始まる 安曇野に春の兆し 昨年より半月ほど早く

信濃毎日新聞(2023年2月14日)

 安曇野市で冬を過ごしていたコハクチョウの北帰行が本格的に始まった。保護団体「アルプス白鳥の会」が13日、飛来地の御宝田遊水池(明科中川手)や犀川白鳥湖(豊科田沢)周辺で150羽以上減っているのを確認。冷え込みが厳しかった昨年より半月ほど早く、平年並みという。

 同会によると今季のピークは2月初旬の475羽で、昨年より200羽ほど少なかった。新潟、福島県などの越冬地で雪が少なく餌を確保しやすかったため南下が進まなかったとみている。

 遊水池周辺では13日、愛好家らが飛び立つコハクチョウにカメラを向けていた。同会事務局の会田仁(まさし)さん(73)は「春が近づいてきたと感じる。故郷のシベリアに無事に帰り、来シーズンも元気な姿を見せてほしい」と願った。

詳細情報

リンク
信濃毎日新聞デジタル https://www.shinmai.co.jp/news/article/CNTS2023021300765
今月のお得な国内ツアー びゅう

白馬・安曇野 ニュース

白馬・安曇野
イベント

白馬・安曇野
スポット