長野県 上田・小諸 祭り・催し

「鬼平犯科帳」の原画100点 上田・池波正太郎館で企画展

信濃毎日新聞(2018年6月18日)

 上田市の池波正太郎真田太平記館は、劇画「ゴルゴ13」の作者、さいとう・たかをさんが描いた劇画「鬼平犯科帳」の原画を展示する企画展を開いている=写真。同館の20周年記念企画。原画の他に絵コンテや関連資料約100点も並べている。8月26日まで。

 作品の中から6話を取り上げ、各話で重要な場面の原画を3点ずつ展示している。主人公で江戸の火付盗賊改方の長官、長谷川平蔵が青春時代に憧れていた女性と思いがけない再会をする「本所・桜屋敷」では、平蔵が昔を回想するシーンや、女性が住んでいた屋敷を眺める平蔵の原画が見られる。他にも池波さんの自筆原稿などの展示もある。

 同館の清水彰さん(48)は「劇画を入り口に池波さんの小説にも興味を持ってもらえたらうれしい」としている。

 午前10時〜午後6時。水曜休館(ただし7月17日は休館、8月15日は開館)。一般400円、高校大学生260円、小中学生130円(同市在住の高校生以下は無料)。問い合わせは同館(電話0268・28・7100)へ。

上田・小諸 ニュース