サイトを見つめる武井さん

サイトを見つめる武井さん

富山県 砺波・南砺・五箇山 その他

小矢部移住お薦め 地域おこし隊が情報まとめサイト作成

北日本新聞(2018年8月17日)

 小矢部市地域おこし協力隊の武井靖さん(40)=埼玉県出身、同市埴生=の作った移住者向けのインターネットサイト「おやべ暮らしのトリセツ(取扱説明書)」が公開されている。就職や家探しなど市内で暮らすために必要な情報をひとまとめにし、移住した人たちのインタビューも掲載。出勤せずに自宅などで仕事ができる「テレワーク」で、ウェブデザイナーとしても働く武井さんは「小矢部はとても住みやすい。魅力を知ってほしい」と話している。

 武井さんは北陸地方への旅行をきっかけに、2016年4月から小矢部市地域おこし協力隊として活動。移住する際に現地の情報が一つにまとまっていれば便利だと思い、昨秋から準備を始めた。市のホームページの一つとして5月から「おやべ暮らしのトリセツ」を公開している。

 市の空き家バンク情報を転載したページや、政府の資料を基に市内で暮らし始めるまでにすべきことを紹介。移住セミナーなどで寄せられる質問に答えるコーナーも設け、助成制度などに関しては市のサイトに直接アクセスできるようにした。自身も含めて県外から移住した家族や夫婦のインタビューも載せ、移住を決めた理由や市内で暮らす良さを分かりやすく伝える。

 武井さんは「インタビューでは小矢部は子育てしやすいことが分かった。さらにサイトを充実させたい」と意気込む。来年3月で地域おこし協力隊の活動を終えるが、テレワークによって仕事の不便さもないことから市内で暮らし続けることを希望している。 

砺波・南砺・五箇山 ニュース