「マロヤ」をベースにした音楽を響かせる「ランディゴ」

「マロヤ」をベースにした音楽を響かせる「ランディゴ」

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し その他

原点回帰 多彩な響き 「スキヤキ」南砺で24日開幕

北日本新聞(2018年8月17日)

 南砺市福野地域の夏を彩るワールドミュージックの祭典「スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド2018」が24~26日、同市福野文化創造センター(愛称・ヘリオス)をメイン会場に開かれる。ゴラン高原やインド洋の島などから多彩なアーティストが出演し、国際色豊かな歌、演奏を響かせる。北日本新聞社共催。

 今回は市園芸植物園の使用を取りやめ、「スキヤキ」発祥の地のヘリオスをメイン会場とした。「原点回帰」の精神にふさわしく、それぞれの地域文化や歴史に根差し、新たな音楽文化を創造するアーティストがそろった。

 注目グループの一つが、インド洋のレユニオン島(フランス)の「ランディゴ」だ。ベースになっているのは、黒人奴隷が日常生活のつらさを歌った伝統音楽「マロヤ」。1950年代まで禁止されていたが、伝説的歌手と評されるグランムン・レレ(故人)が復活させた。ユネスコ無形文化遺産に登録されるほど、文化財としての価値が認められている。

 弟子だったランディゴは、その精神を受け継ぎながら、西アフリカやキューバ音楽の要素を取り入れて完成度を高めてきた。グランムン・レレが98年の「スキヤキ」に出演したという縁もあり、ファンの注目度は高い。

 ナクレ兄弟を中核とするグループ「トゥートアルド」はゴラン高原から初出演となる。イスラエル占領下で、国籍を持たない人々が暮らす集落を拠点に活動。「山の民」の文化性を大切にしながら、レゲエにアラブ音楽、ジャズを取り込んできた。

 東京を拠点とする「民謡クルセイダーズ」は、日本各地の民謡にラテンのリズムを融合させた曲を披露。五箇山民謡「といちんさ」をアレンジした曲もあり、地元の関心を呼びそうだ。

 ヘリオス館長代理でプロデューサーのリバレ・ニコラさんは「地域文化を世界レベルにまで高めた音楽は、多くの人の心に響くはず」とアピールしている。


■多国籍グループ 魅力融合
 多国籍のメンバーで構成するグループが登場し、各国の特長を生かした魅力をアピールする。

 「クアトロ・ミニマル」は、「スキヤキ」に合わせて複数のアーティストが共同で制作活動をする「レジデンス」企画から誕生したグループ。鹿児島の弦楽器「ゴッタン」や方言を用いた曲作りをするサカキマンゴーと、メキシコ、韓国のアーティストら4人で構成している。

 近年は中南米やアジア各国で公演活動を展開。「スキヤキ」出演は3年ぶりで、新曲を披露する予定だ。

 このほか、ブラジル生まれでデンマークを拠点に活動するハファエル・ジメネスが、一緒にアルバム制作したボリビア、ドイツ人アーティストらと共演。美しいメロディーを響かせる。


◆日程・主な出演者◆
【24日】
■オープニングステージ(無料)
 ▽サラマレクム!▽トゥーマラッカ&スキヤキ巨大人形隊▽福野小学校「気分はカリビアン」ほか =午後7時、ヘリオス前庭

■ナイトステージ(前売り2500円、当日3000円)
 ▽ALKDO▽キウイとパパイヤ、マンゴーズ=同9時半、ヘリオス・データスペース

【25日】
■ワークショップ「あんどんどーん!!360年続く福野夜高祭を知ろう」(無料)
 ▽広田郁世(スキヤキ巨大人形隊)ほか=午前11時、ヘリオス・アートスペース

■ガーデンステージ(無料)=正午、ヘリオス前庭

■ワークショップ「ハイタイ!沖縄音楽入門」(無料)
 ▽堀内加奈子(チュラシマナヴィゲーター)=午後2時、ヘリオス・アートスペース

■よつかどステージ(無料)
 ▽福野小学校管楽器クラブ▽同「気分はカリビアン▽福野中学校吹奏楽部▽南砺福野高校吹奏楽部▽吉江中学校吹奏楽部=同2時半、福野地域中心部の銀行四ツ角(雨天中止)

■スキヤキ・パレード(無料)
 ▽スキヤキ巨大人形隊▽全日本エデー連盟▽ジャイアントステップス▽夜高あんどん▽福野小学校「気分はカリビアン」▽同管楽器クラブ▽福野中学校吹奏楽部▽吉江中学校吹奏楽部▽南砺福野高校吹奏楽部▽田楽あんどん隊▽安居大神楽太鼓▽サラマレクム!=同3時半、銀行四ツ角出発(雨天中止)

■ヘリオスステージ(前売り3500円、当日4000円、高校生以下無料)
 ▽民謡クルセイダーズ▽トゥートアルド▽ランディゴ=同5時半、円形劇場ヘリオス

■ナイトステージ(前売り2500円、当日3000円)
 ▽チュラシマナヴィゲーター▽レゲレーション・インディペンダンス=同9時半、ヘリオス・データスペース

【26日】
■トーク・セッション「トゥートアルド~国籍なき者たちの日常と音楽~」(無料)=午前10時、ヘリオス・アートスペース

■ワークショップ「インド洋の黒いグルーヴ"マロヤ"」(無料)
 ▽ランディゴ=正午、ヘリオス・アートスペース

■ガーデンステージ(無料)=正午、ヘリオス前庭

■ヘリオスステージ(前売り3500円、当日4000円、高校生以下無料)
 ▽スキヤキ・スティール・オーケストラ▽クアトロ・ミニマル▽ハファエル・ジメネス&アス・モンターニャス・ヂ・ソン=午後2時半、円形劇場ヘリオス

■フィナーレ(無料)
 ▽出演アーティスト、スタッフほか =同6時~6時半、ヘリオス前庭

砺波・南砺・五箇山 ニュース