色づき始めたケヤキを眺める来園者

色づき始めたケヤキを眺める来園者

長野県 上田・小諸 花・紅葉 祭り・催し

小諸の懐古園「紅葉まつり」 ケヤキやモミジ秋色に

信濃毎日新聞(2018年10月21日)

 小諸市の懐古園で20日、市主催の「第13回紅葉(もみじ)まつり」が始まった。市懐古園事務所によると、今年の紅葉は例年より数日遅く、13日ごろに始まった。現在はちらほらと黄や赤に色づいた状況で、10月末から11月初旬に見頃を迎える見通しだ。
 家族連れや観光客は、色づき始めたケヤキやモミジを眺めたり、写真を撮ったりしながらゆっくりと散策。秋田市の団体職員の菅野次雄さん(62)は「緑と赤の葉が交ざっているのもきれいですね」と話していた。園内ではこの日、東信地方の菊栽培愛好家でつくる「東信秋香会」などによる「東信菊花展」も始まった。11月4日まで約500点の菊の鉢を展示する。
 まつりは11月18日まで。入園のための散策券は大人300円、中学生以下100円。問い合わせは同事務所(電話0267・22・0296)へ。

上田・小諸 ニュース