完成した「「SAKU13 BIO THIRTEEN」

完成した「「SAKU13 BIO THIRTEEN」

長野県 軽井沢・佐久・小海線沿線

ワインのような日本酒、佐久から

信濃毎日新聞(2019年3月31日)

 佐久地域13酒蔵の若手経営者による佐久若葉会(佐久市)が純米大吟醸「SAKU13BIOTHIRTEEN(サクサーティーンビオサーティーン)」を造り、30日、4月13日発売に向け出荷準備を進めた=写真。

 5季目の今回は土屋酒造店(同)の杜氏(とうじ)、鈴木俊二さん(52)を他の酒蔵がサポート。佐久市内で有機栽培した酒米新品種「信交酒545号(山恵錦(さんけいにしき))」を使い、アルコール度数を抑えつつ果物のような酸味やうまみを引き出した。

 日本酒離れが言われるが、若葉会幹事の荻原深さん(40)は「雰囲気はワインに近い。若い人にも興味を持ってほしい」と期待。

軽井沢・佐久・小海線沿線 ニュース

軽井沢・佐久・小海線沿線
イベント

軽井沢・佐久・小海線沿線
スポット