残雪の涸沢カールを背にした涸沢ヒュッテでくつろぐ登山客ら

残雪の涸沢カールを背にした涸沢ヒュッテでくつろぐ登山客ら

長野県 松本・上高地・美ヶ原 アウトドア・レジャー

残雪の中、にぎわい徐々に 北ア・涸沢

信濃毎日新聞(2019年6月11日)

 夏山シーズンが間近に迫り、北アルプス涸沢(松本市安曇)が徐々ににぎわい始めている。8、9日の週末も県内外からの登山客が残雪を踏みしめて訪れ、雄大な景色を楽しんだ。

 涸沢にある山小屋「涸沢ヒュッテ」(標高約2300メートル)直下の斜面はまだ雪で覆われ、滑らないようにアイゼンを装着した人が目立った。涸沢ヒュッテによると、残雪の量は例年並み。ヒュッテには8日、約20人が泊まった。日中はテラスで景色を楽しみながら談笑していた。

 千葉県我孫子市から訪れた会社員の生田周作さん(60)は上高地から涸沢ヒュッテに到着後、早速妻とビールで乾杯。「周囲を一望できる眺めが素晴らしい。大変な思いをして登ってきたかいがあった」と喜んでいた。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット