ANA国際線で提供されている「長野県産リンゴ風味スパイシーチキンカレー」(ANA提供)

ANA国際線で提供されている「長野県産リンゴ風味スパイシーチキンカレー」(ANA提供)

長野県 上田・小諸 グルメ

上田産リンゴ活用のカレー ANAの国際線機内食に

信濃毎日新聞(2019年8月7日)

 信州うえだ農協(本所・上田市)が打ち出したブランドリンゴ「真田RED(レッド)アップル」のジュースを使ったチキンカレーが今月、全日空(ANA)国際線の一部路線で提供されている。上田商工会議所が機内食の開発などをするANAグループ会社に売り込んで実現した。

 真田REDアップルは秋映、シナノスイート、ふじの3種類で、同農協青年部の農家10軒ほどが生産する。今回の機内食「長野県産リンゴ風味スパイシーチキンカレー」では、ふじのジュースに漬けた鶏もも肉をソテーしている。東南アジアと南アジア路線のエコノミークラスで31日までに8万食の提供を目指す。

 ANAは全国の食材を機内食で提供、発信している。同商議所は2月に都内の食品展示会に出展。真田REDアップルのジュースを試飲した機内食開発の担当者が味を気に入ったという。同農協青年部長の大久保昌則さん(39)は「上田のリンゴのブランド価値が上がり、農家がやりがいを感じられるようにしたい」とし、今後もPRに力を入れる考えだ。

上田・小諸 ニュース