マルコメの信州みそを使ったおにぎり(左)とみそラーメン

マルコメの信州みそを使ったおにぎり(左)とみそラーメン

長野県 グルメ 麺類

マルコメの信州みそでラーメン・おにぎり ローソンで販売へ

信濃毎日新聞(2020年1月8日)

 コンビニ大手のローソン(東京)は7日、マルコメ(長野市)の信州みそを使ったラーメンとおにぎりを14日に発売すると発表した。「『発酵・長寿』県」を宣言している長野県の代表的な発酵食品であるみその魅力を、新商品で発信する。2007年に県と結んだ包括連携協定に基づいて開発した。

 「1食分の野菜が摂(と)れる信州味噌(みそ)らーめん」(税込み480円)は、こくがある甘口のみそを使用。モヤシやキャベツなど約120グラムの野菜を添えた。「直火で焼いた味噌焼おにぎり」(同120円)は、熟成したみそにかつお節、昆布のだしのうまみを加えて香ばしく焼き上げた。

 長野、山梨両県のローソン310店で発売。東京や神奈川、埼玉、栃木など1都6県の4300店でも2月11日に販売を始める。県庁で記者会見したローソンの岩崎広幸・関東商品部長は「県内の人だけでなく、県外で活躍する県出身者にも、地元の味を楽しんでほしい」とPRした。

長野県 ニュース