お堂の前で角兵衛獅子のポーズを決める3人。背景にも地元住民が出演している=動画「月潟健康体操」より

お堂の前で角兵衛獅子のポーズを決める3人。背景にも地元住民が出演している=動画「月潟健康体操」より

新潟県 新潟・岩室 その他

月潟名物 緩~い体操に 台湾のアーティスト動画作成

新潟日報(2020年1月28日)

 「角兵衛獅子」など新潟市南区月潟地区の名物を高齢男女がポーズで表現し、真剣な表情で体を動かす-。こんなユニークな動画「月潟健康体操」が完成し、地元で話題になっている。終始流れる緩い雰囲気にファンはじわりと増加中。関係者は、高齢者の健康づくりと地域の魅力発信に一役買いたい考えだ。

 動画は、世界各地で活動する台湾のアーティストホワン・ヤノンさん(34)が制作した。昨年2月、同市中央区で創作活動を行った際、月潟アートプロジェクト実行委員会の水野祐介さん(35)と出会ったホワンさん。月潟の写真を見て意気投合し、「月潟のありのままの良さを伝えよう」と昨秋、同地区に2週間ほど滞在して動画を撮影した。

 出演者は70~80歳代の地元住民らで、ナシもぎ、中ノ口川、「かぼちゃ電車」などホワンさんが月潟の歴史や自然を基に創作した14の振り付けで踊る。現地で録音した犬やカラスの鳴き声、チャイムの音など町のほのぼのとした雰囲気も伝わってくる。

 「イチ、ニー、サン、シ」。太く渋い掛け声の主は、角兵衛獅子で口上を担当する男性(59)。「何を作るかも知らされず、半ばだまされたような形で協力したよ」と笑うが、動画のできに「いいねえ」と満足そうだ。最後は、水野さんが思いをつづったラップで「いろいろあるだろこの町に 自分で探せ町の魅力は」と締めくくる。

 今月上旬、地元の「地域の茶の間」で動画が披露された。集まった高齢者は「運動になるね」「あの人出てたんだ」と興味津々。頭を振ってリズムに乗る人や動きをまねる人もいた。

 今後は、地元のデイサービスセンターや小学校などでの活用を検討していく。出演した月潟社会福祉協議会の田辺金一会長(70)は「撮影は丸一日かかったけど楽しかった。南区、新潟市とご当地健康体操が広まったら面白くなるね」と笑った。

 約6分30秒。動画サイト「ユーチューブ」で公開しており、「月潟健康体操」と検索すると表示される。

新潟・岩室 ニュース