8日に開幕する草間彌生さんの作品展=7日、新潟市中央区

8日に開幕する草間彌生さんの作品展=7日、新潟市中央区

新潟県 新潟・岩室 祭り・催し

草間彌生ワールド展開 2月8日から新潟市美術館

新潟日報(2020年2月10日)

 世界的な芸術家・草間彌生さん(90)の作品を85点所蔵する新潟市美術館(新潟市中央区)で8日、全作品を初めて一挙公開する企画展が開幕する。モノトーンの作品を中心に、水玉や網目模様の"草間ワールド"が広がっている。

 草間さんは、版画刷り師として活躍した故木村希八さん=南魚沼市出身=と共同でエッチング(腐食銅版画)を制作。木村さんは生前、保管用の作品を同館に寄贈するなどした。

 企画展は「蔵出しコレクション 草間彌生+アメリカに渡ったアーティストたち」で、同館などが主催。木村さんとの作品では、自画像に水玉模様を表現するなど独特な世界観を味わえる。草間さんと交流のあった芸術家の作品も並ぶ。

 7日は開場式が開催され、草間さんの作品にちなみ、水玉模様を身に付けた関係者ら約60人が出席。その後、作品を鑑賞した。同館学芸員の上池仁子さん(39)は「カラフルなイメージがあるかもしれないが、モノトーンの草間さんの魅力も知ってほしい」と話した。

 4月12日まで。月曜休館(2月24日は開館)。一般500円、大学・高校生400円。中学生以下無料。

新潟・岩室 ニュース