約1万5千点のボケが展示される「日本ボケ展」=28日、新潟市秋葉区

約1万5千点のボケが展示される「日本ボケ展」=28日、新潟市秋葉区

新潟県 新潟・岩室 花・紅葉 祭り・催し

春の潤い 新潟市秋葉区小須戸 ボケ展示即売会

新潟日報(2020年3月2日)

 新潟市秋葉区特産のボケを展示即売する「日本ボケ展」が28日、同区小須戸の「うららこすど」で始まった。新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、例年行っている栽培方法の講習会や、作品展の表彰式を中止するなど一部規模を縮小。赤や白など柔らかな色合いの花が、会場に春の訪れを告げている。

 生産者や愛好家らでつくる日本ボケ協会(同区)が主催し43回目。3月8日までの期間中は約1万5千点が販売されるほか、手塩にかけた作品65点も展示されている。

 日本ボケ協会の加藤政明会長(72)は「暖冬で花が早く咲きすぎるなどしたため、生産者は日陰に移すなど苦労した」と説明。秋葉区の男性(80)は「ほぼ毎年来ているが、どんどん花が良くなっている。目の保養になった」と話した。

 作品展の受賞者は次の通り(敬称略)。

 【席飾りの部】県知事賞 加藤政明(秋葉区)▽日本ボケ協会長賞 高橋勝行(同)

 【総合咲き分けの部】新潟市長賞 吉沢武夫(南区)▽県花き出荷組合長賞 加藤正(秋葉区)▽新津さつき農業協同組合長賞 高野俊市(同)▽県花木振興協議会長賞 長沢信善(同)

 【総合単色の部】新潟市議会議長賞 佐藤達由(秋葉区)▽新潟日報社賞 四柳幸男(同)▽新潟みらい農業協同組合長賞 石田和幸(西蒲区)▽小須戸花木振興協議会長賞 本間長栄(新発田市)

新潟・岩室 ニュース