飯田市内のとんかつ店の弁当をトランクに入れる北部タクシーの運転手=27日

飯田市内のとんかつ店の弁当をトランクに入れる北部タクシーの運転手=27日

長野県 軽井沢・佐久・小海線沿線 伊那路 グルメ

総菜・弁当、タクシーがお届け 長野県内でサービス続々

信濃毎日新聞(2020年4月28日)

 県内のタクシー業者が、飲食店のテークアウト商品を宅配するサービスを相次いで始めている。新型コロナウイルスの感染拡大で高まる宅配需要に対応するため、国土交通省が21日から5月13日までの特例で認めたタクシーによる貨物運送を利用。旅客の減少で苦しむ業者は多く、北陸信越運輸局長野運輸支局(長野市)は27日までに、県内の18社に許可を出した。

 飯田下伊那地方では飯田市などのタクシー9社と、地元飲食店の情報発信をしている住民が連携。宅配料金は、例えば弁当やサンドイッチ1〜5個なら500円とし、店から宅配先まで30分を超えると追加料金がかかる。27日に始まり、同市内のとんかつ店の弁当を下伊那郡高森町の客の自宅に運んだ。北部タクシー(高森町)の村沢文彦社長は「飲食店あってのタクシー業界。利便性向上に貢献したい」と話した。

 松葉タクシー(佐久市)も北佐久郡軽井沢町で同様のサービスを開始。店と届け先がともに町内なら距離を問わず千円で対応する。松葉和彦社長は「採算面は厳しいが、大変な状況なのでニーズに応えたい」と話している。

 タクシーの貨物運送は特例措置が始まる前も認められていたが、過疎地域などが対象で、許可を得るまで数カ月かかる。今回の特例措置は地域を限定せず、許可申請を受けた地方運輸局が審査期間を大幅に短縮している。

軽井沢・佐久・小海線沿線 ニュース

軽井沢・佐久・小海線沿線
イベント

軽井沢・佐久・小海線沿線
スポット