新しく設けられた「佐久にすむ生きもの」の展示。一部の展示はまだ利用できない

新しく設けられた「佐久にすむ生きもの」の展示。一部の展示はまだ利用できない

長野県 軽井沢・佐久・小海線沿線 その他

新装子ども未来館、6月5日開館 当面は佐久の子限定

信濃毎日新聞(2020年5月29日)

 新型コロナウイルスの影響で新装開館が延期されていた佐久市岩村田の市子ども未来館が6月5日、開館する。同館は昨年12月に工事が始まり3月に開館予定だったが、延期を重ねていた。当面の間、来館は市内の子どもに限定。開館も金、土、日曜のみに縮小する。今月30、31日には少人数で科学実験などをするプレイベントもある。

 6月5日以降の入館は当日午前8時までに同館ホームページから予約が必要。午前と午後の2部に分け、各部で保護者を含め50人が定員という。入館時に検温を行う。同館は新装に伴い、25の展示を新設、改修。プラスチックボールが敷き詰められたプールで遊ぶ展示など感染リスクが高い展示利用は当面見合わせる。

 なおやマン(本名・島崎直也)館長は市内の子ども限定の開館について「利用する子どもたちの安全を考えた。状況を見て対象地域を拡大する」と説明。「開館できることはうれしい。子どもたちが学び、成長する場になってほしい」と話している。問い合わせは同館(電話0267・67・2001)へ。

 同市によると、市佐久平交流センターや市望月歴史民俗資料館などの文化施設、野沢会館などの集会施設や佐久市総合体育館は6月1日からの開館を予定している。

軽井沢・佐久・小海線沿線 ニュース

軽井沢・佐久・小海線沿線
イベント

軽井沢・佐久・小海線沿線
スポット