野辺山駅で貸し出しが始まった電動アシスト付き自転車

野辺山駅で貸し出しが始まった電動アシスト付き自転車

長野県 軽井沢・佐久・小海線沿線 アウトドア・レジャー

電動貸自転車で野辺山散策 八ケ岳山麓へも楽々と

信濃毎日新聞(2020年7月14日)

 南牧村野辺山高原の野辺山観光案内所は、観光客向けに電動アシスト付きの貸自転車10台を導入した。25台ある通常の貸自転車に比べ、坂道がきつい八ケ岳山麓方面に行きやすくなるとPR。JR野辺山駅隣の案内所に置き、冬季(12〜3月)を除いて貸し出す。

 導入した自転車は電動モーターの力でペダルをこぐ負担が小さくて済む。野辺山高原では観光客向け無料バス「くるり野辺山」を運行しているが、「目的地がルート上にない」「運行時間と合わない」との声が寄せられ、村が今回100万円余で電動アシスト付き自転車を購入。案内所を運営する村振興公社に提供した。

 このほど納車式があり、試乗した村内の林君枝さん(65)は「安心して乗れたし、坂道でもすいすいと進めた」。村産業建設課は「各地で新型コロナウイルスが広がっているが、野辺山の自然はいつもと変わらない。この自転車で楽しんでほしい」とする。

 貸し出しは午前9時〜午後4時半。利用料は千円(1時間以内)から2300円(5時間以上)まで6段階。通常の貸自転車は500円(1時間以内)など。問い合わせは野辺山観光案内所(電話0267・98・2091)へ。

軽井沢・佐久・小海線沿線 ニュース

軽井沢・佐久・小海線沿線
イベント

軽井沢・佐久・小海線沿線
スポット