銭湯の魅力などを語る大野まさやさん。手に持つスタンプは自身で手彫りした=29日、新潟市中央区

銭湯の魅力などを語る大野まさやさん。手に持つスタンプは自身で手彫りした=29日、新潟市中央区

新潟県 新潟・岩室 燕・三条・弥彦 新発田・月岡・阿賀野 佐渡 祭り・催し

銭湯で心もほぐして スタンプラリー「湯朱印帳」 新潟県

新潟日報(2020年7月31日)

 新潟県内の銭湯を巡るスタンプラリー「越後銭湯湯朱印帳(ゆしゅいんちょう)」が8月1日に始まる。新潟お笑い集団NAMARAの芸人で企画に関わる、にいがた銭湯大使の大野まさやさん(34)=新潟市出身=は「行った分だけ好きになるのが銭湯。スタンプラリーをきっかけに銭湯好きになってほしい」と呼び掛けている。

 新潟浴場組合(新潟市中央区)に加盟するのは現在21軒。1956年には466軒が営業していたが、家庭風呂の普及や経営者の高齢化などで減少した。

 スタンプラリーは銭湯の魅力を発信し人気を「沸騰」させたいと、みどり湯(同区)店主の坂井雅博さん(62)が発案。大野さんに協力を求めた。当初はゴールデンウイーク前に開始予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で約3カ月遅れでスタートすることになった。

 専用の「湯朱印帳」(100円)を購入し、それぞれの銭湯に置かれたスタンプ「湯朱印」を押す。対象は17軒。新潟市内の11軒に入浴すると認定証とオリジナルのトートバッグが、17軒全てで名前の刻印が入ったげた箱木札がもらえる。

 湯朱印は消しゴムはんこで大野さんが手作りした。自身も足しげく銭湯に通っており、「疲れを癒やすだけでなく、歴史を感じる建物や壁画など非日常を体験できる」と魅力を語った。

 イベントは来年7月31日まで。8月1日午後1時15分から、みどり湯でオープニングイベントが行われる。問い合わせは新潟銭湯組合、025(222)2923。

 対象の銭湯は次の通り。

 千鳥湯、有馬湯、いずみ湯、朝日湯、みどり湯、さか井湯(新潟市中央区)秋葉湯、小松湯、金の湯(東区)小松湯(江南区)旭湯(西区)いいでの湯(新発田市)玉宅湯(燕市)宮島の湯、泉乃湯(三条市)仙道温泉湯林荘、星乃湯(佐渡市)

新潟・岩室 ニュース