白馬村の山林を駆ける「白馬国際トレイルラン」のコースの一部

白馬村の山林を駆ける「白馬国際トレイルラン」のコースの一部

長野県 白馬・安曇野 祭り・催し アウトドア・レジャー

白馬国際トレイルラン 10月開催 大会形式変え2年ぶり

信濃毎日新聞(2020年8月24日)

 白馬村の山林を駆ける「白馬国際トレイルラン」の第9回大会が10月18日、2年ぶりに開かれる。新型コロナウイルス感染拡大を受け、村内の若手経営者でつくる実行委員会が開催の可否を検討。「元気な白馬の姿を伝えたい」と開催を決めた。参加者が好きな日や時間にコースを走る予選会を開くなどこれまでとは異なる形式を取り入れる。

 大会は実行委がスキーと並ぶ観光の柱にしようと2011年から毎年開催。県内外から約2千人が参加する大会に成長したが、昨年は村東部の山間を走る常設コース整備のため延期した。

 今年は大会当日のランナーを100〜300人程度に絞る。そのため9月の1カ月間を予選として常設コースを走る期間に設定。参加者は好きな日に訪れて挑戦し、スマートフォンのアプリを使ってタイムなどを報告する。タイム上位者に加え、抽選で当日のランナーを決めるという。

 実行委員長の武藤慶太さん(48)は「イベントの力は大きい。観光の明るい材料にしたい」と話している。参加方法などの詳細は大会のホームページで告知する。

白馬・安曇野 ニュース

白馬・安曇野
イベント

白馬・安曇野
スポット