長野県 アウトドア・レジャー

タクシー利用者の観光割引始まる 長野県の補助事業

信濃毎日新聞(2020年9月19日)

 県内観光の移動手段としてタクシーを利用した場合に運賃を割り引く県の補助事業が始まった。新型コロナウイルスの影響を受け低迷するタクシーの需要を喚起する狙いで、観光客が運賃6千円以上乗車した場合に3千円を割引。更埴観光タクシー(千曲市)は18日夜、北海道から訪れた観光客を乗せて千曲市内を巡った。

 観光客は県営松本空港(松本市)から県内入りし、千曲市のJR姨捨駅に到着。乗務員の案内で国名勝「姨捨の棚田」や近くの長楽寺を観光し、しなの鉄道屋代駅で降車した。

 国は観光支援策「GoToトラベル」などを実施するが、感染対策のため自家用車で移動する観光客が多く、タクシー業界への恩恵は少ない。更埴観光タクシーの新井誠一社長は補助事業により「観光利用が広がるきっかけになるといい」と話した。

 利用は事前予約が必要。乗客は精算時に割引適用後の運賃を支払い、乗車証明書に署名をする。予算は600万円。適用期間は年末まで。

長野県 ニュース