長野県 軽井沢・佐久・小海線沿線 祭り・催し

雪の女王、放つ電飾の魔法 佐久に「またこの季節」

信濃毎日新聞(2020年11月20日)

 真空ポンプなど製造の樫山工業(佐久市)は19日夜、発光ダイオード(LED)約25万個を使ったイルミネーションを始めた=写真。2005年から同社が続ける取り組み。国道141号沿いにある佐久市根々井の本社工場敷地には幅200メートル以上にわたってきらびやかな電飾が輝いた。

 今年のテーマは「雪の女王 冬の魔法」。お城の前に立った「女王」が放つ魔法を、うねる波のように配置した青い電飾で表現した。高さ6メートルのツリーやトナカイ、雪の結晶を模した電飾もあり、冬の雰囲気を盛り上げている。

 同日の点灯式には100人以上が集まり、電飾がともると「きれい」と喜びの声。同市中込の会社員丸山直樹さん(40)は「またこの季節が来たなという感じ。新型コロナウイルス禍の中で、明るいイベントはありがたい」と話していた。

 点灯は来年2月28日まで。

軽井沢・佐久・小海線沿線 ニュース

軽井沢・佐久・小海線沿線
イベント

軽井沢・佐久・小海線沿線
スポット