安田瓦を器に使ったコース料理を始めたホテル日航新潟のレストラン=新潟市中央区

安田瓦を器に使ったコース料理を始めたホテル日航新潟のレストラン=新潟市中央区

新潟県 新潟・岩室 新発田・月岡・阿賀野 グルメ 特産

安田瓦を器にコース料理 ホテル日航新潟

新潟日報(2020年12月9日)

 ホテル日航新潟(新潟市中央区)は、阿賀野市特産の安田瓦を器として使ったランチコース料理の提供を始めた。丸三安田瓦工業(阿賀野市)と協力し、料理に合わせてさまざまな形の屋根瓦を使用する。両社は「料理とともに瓦ならではの風合いや歴史を感じてほしい」と話している。

 新型コロナウイルス禍で、レストランに逆風が吹く中、県内の特産品を生かした新たなサービスをできないかと同ホテルが企画。丸三安田瓦工業に協力を打診した。

 丸三安田瓦工業は以前から瓦の素材と製法で作った食器を製造していたが、今回ホテルからは「実際の屋根瓦を器に使いたい」との依頼を受けた。丸三安田瓦工業の遠藤秋子副社長(72)は「本物の屋根瓦に料理を載せるというので驚いた。瓦の質感とコース料理が合うのかと少し心配だった」と振り返る。

 ホテルの従業員が工房を訪れ、料理とともにさまざまな屋根瓦を紹介するコースを考案した。軒先の隅に使われる「切隅瓦(きりすみがわら)」に前菜を盛り付け、丸みを帯びた「素丸瓦(すまるがわら)」には、十日町市の妻有(つまり)そばを載せるなど、7種類の屋根瓦で9品の料理が楽しめる。

 箸置きや会場のディスプレーに至るまで瓦尽くし。ホテル日航新潟の伊関賢一・レストラングループ支配人(54)は「県内外からのお客さまに料理とともに新潟の瓦文化を知ってほしい」と話している。

 コースは1人5千円。2日前までの予約制で、1日1組(10人以下)限定。感染防止のため個室で提供する。木曜日のみハーフコース5千円、フルコース(10品)6千円でディナーも用意する。問い合わせはホテル内洋食レストラン「セリーナ」、025(240)1928。

新潟・岩室 ニュース