第3弾のさくしドロップス。缶の片面にケンシロウ、片面に佐久市の地図をデザインした。左奥は第1弾と第2弾

第3弾のさくしドロップス。缶の片面にケンシロウ、片面に佐久市の地図をデザインした。左奥は第1弾と第2弾

長野県 軽井沢・佐久・小海線沿線 スイーツ

あたぁ!「佐久市はここ」 「さくしドロップス」第3弾

信濃毎日新聞(2020年12月9日)

 佐久市観光協会は12日、同市出身の武論尊(ぶろんそん)さん=本名・岡村善行さん=が原作を手掛けた人気漫画「北斗の拳」のキャラクターをあしらった缶入りあめ「さくしドロップス」の第3弾を発売する。今回は缶の片面に主人公「ケンシロウ」をあしらい、もう片面には佐久市の位置を示した日本地図をデザイン。佐久市がどこにあるか知ってほしい―との狙いだ。

 昨年5月発売の第1弾ではケンシロウら主要キャラクターを缶にあしらい、同8月発売の第2弾では脇役中の脇役「ザコキャラ」をインパクトの大きさなどから採用した。お土産などに好評で、第3弾は佐久市の場所が一目で分かるようデザイン。同協会事務局の市観光課の担当者、大日方洸(ひかる)さん(27)は「『東京からも近いな』と思ってもらえるといい」と話す。

 同市に工場があり定番商品「サクマドロップス」を手掛けるサクマ製菓(東京)に製造委託し、5040缶を生産。1缶300円で、JR佐久平駅内や市内の道の駅などで販売する。

軽井沢・佐久・小海線沿線 ニュース

軽井沢・佐久・小海線沿線
イベント

軽井沢・佐久・小海線沿線
スポット