十日町市観光協会が発売する「びじんばし」

十日町市観光協会が発売する「びじんばし」

新潟県 十日町・松之山・津南 特産 その他

天然素材 美人林の「びじんばし」 十日町市観光協会

新潟日報(2021年3月30日)

 新潟県の十日町市観光協会は、同市松之山地区の観光名所、美人林の間伐材のブナを使った「びじんばし」を発売する。

 同協会の女性5人が中心となって昨夏から取り組んできたお土産開発の第1弾。松之山地区で行われている、箸づくり体験をヒントに商品化した。

 製作から包装までを地元に依頼。間伐材の有効活用を進めるとともに、売り上げの一部をブナ林の保存活動に還元する。

 無垢(むく)材のため、色合いや寸法が異なる場合もあるという。同協会は「天然素材の味わいとして、美人林を思い出しながら使ってほしい。十日町の思い出を持ち帰って」としている。

 1膳500円。4月1日から、ほくほく線十日町駅の同協会案内所とオンラインショップのほか、市里山科学館「森の学校キョロロ」と松代・松之山温泉観光案内所で販売する。問い合わせは同協会、025(757)3345。

詳細情報

リンク
ほくほく線 北越急行株式会社 https://hokuhoku.co.jp/

十日町・松之山・津南 ニュース

十日町・松之山・津南
イベント

十日町・松之山・津南
スポット