長野県 軽井沢・佐久・小海線沿線

東信地方の地酒ずらり

信濃毎日新聞(2021年4月11日)

 東信地方の七つの酒蔵が日本酒を販売する催し「地元の日本酒再発見」が10日、上田市の商業施設アリオ上田店で2日間の日程で始まった。量販店では販売しない限定品なども各酒蔵のブースに並び、多くの人でにぎわった。

 店舗南側の屋外イベント広場で開催。訪れた人たちは、蔵元でしか手に入らない酒などを紹介されていた。先月28日の上田電鉄別所線全線開通を記念する商品を並べた酒蔵もあった。日本酒が好きな父へのプレゼントを買いに来た近藤志津子さん(42)=上田市=は「佐久地域のお酒やあまり出回らないお酒が集結していて面白い」と話した。

 新型コロナウイルスの影響を受ける地域の酒蔵を応援しようと、同店を運営するイトーヨーカ堂(東京)が企画した。千曲錦酒造(佐久市)の鎌田晴之社長(50)は「販売する場を与えてくれてありがたい」と話した。11日は午前11時から午後5時まで。試飲はできない。

軽井沢・佐久・小海線沿線 ニュース

軽井沢・佐久・小海線沿線
イベント

軽井沢・佐久・小海線沿線
スポット