ブドウ畑で質問をするミス・ワインの出場者ら

ブドウ畑で質問をするミス・ワインの出場者ら

長野県 松本・上高地・美ヶ原 祭り・催し

「ミス・ワイン」出場女性、塩尻で研修 27日に日本大会

信濃毎日新聞(2018年7月25日)

 ワインの魅力を伝える「ミス・ワイン」を選ぶ日本大会が塩尻市で27日に開かれるのを前に、出場する女性12人が研修合宿でワインについて学んでいる。24日は同市の井筒ワインを訪れ、ブドウ畑などを見学した。

 合宿は17日からの10日間。井筒ワインでは、メルローやシャルドネなど6種類のワイン用ブドウを栽培する畑や醸造所を見学した。女性たちは、畑で赤ワイン用と白ワイン用のブドウの見分け方などを質問しては熱心にメモを取った。

 3月の長野大会で長野代表に選ばれた川上村出身の会社員由井双葉さん(35)=東京=は「ブドウ畑に行くとイメージが湧いてワインのファンが増える。(ミス・ワインに選ばれたら)生産地を気軽に訪れることができる日本ワインの魅力を伝えていきたい」と話した。

 日本大会は午後6時から市レザンホールで開く。入場無料。会場では、2018年のミス・ワイン記念ボトルの限定販売などがある。

 ミス・ワインは15年度のミス・ユニバース長野大会で、日本ワインの宣伝を担う1人を選んだのが始まり。出場者は、大会のスピーチや質疑応答でワインへの思い入れなどをアピールする。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット