収穫体験をする千曲市の農場でリンゴの生育具合を見る堀内さん

収穫体験をする千曲市の農場でリンゴの生育具合を見る堀内さん

長野県 長野市周辺 祭り・催し スイーツ

もぎたてフルーツ、すぐパフェに 千曲で8月からツアー

信濃毎日新聞(2018年7月25日)

 千曲市内の農園でリンゴやモモ、ブドウを収穫し、オリジナルのパフェを作るツアーを信州千曲観光局(千曲市)が8月から始める。観光局で働く地域おこし協力隊の堀内由貴さん(26)が「外から目線」で感じた地域の魅力を五感で味わってもらいたいと準備を進めている。

 2016年9月に隊員になった堀内さんは東京都出身。都内にいた時は、果物狩りといえば山梨県が中心だったというが、千曲市に赴任後、特産のアンズやリンゴ、モモ、ブドウの畑が多く、収穫体験もできると知った。周辺にも須坂市など果物で知られる場所が各地にあり、「首都圏では知らない人が多い。もっとアピールすれば喜ばれるはず」と感じたという。

 実際、都内の友人をリンゴ狩りなどに誘うと好評だったが、収穫してそのまま食べるだけでなく、一手間加えればもっと面白くなるのではないかとパフェ作りを企画。写真共有アプリ「インスタグラム」で発信してもらう「インスタ映え」も意識したという。

 初回の8月25日は、千曲市上山田八坂の「小平酒屋農場」に午前9時50分に集合。農場主らの指導でモモ、リンゴを収穫し、市内の戸倉創造館で講師の指導を受けながらパフェを作る。アイスやコーンフレークといった材料は観光局が用意する。先着10人で参加費は1人4千円。8月22日まで募集し、4人以上の申し込みがあれば行う。

 「取れたてのおいしさを詰め込んだオリジナルのパフェを作って、楽しんでほしい」と堀内さん。問い合わせは信州千曲観光局(電話026・261・0300)へ。

長野市周辺 ニュース