強い酸味が特徴の品種「ブラムリー」

強い酸味が特徴の品種「ブラムリー」

長野県 長野市周辺 祭り・催し 特産

「ブラムリー」魅力知って 飯綱町で30日にフェスタ

信濃毎日新聞(2018年9月27日)

 飯綱町のいいづなアップルミュージアムは30日、「いいづなりんご並木フェスタ」を同ミュージアムで開く。町内で栽培されている強い酸味が特徴の加工用品種「ブラムリー」の魅力を広く知ってもらおうと、英国の家庭で親しまれているアップルパイ作りの実演や加工品販売を行う。

 2017年に開館20周年記念で初めて開き、2回目。学芸員の藤沢充子さんによると、国内で栽培されているリンゴの品種は生食用がほとんどで、加工用には傷んだ生食用の実が安価で取引されがち。そこでフェスタには、加工用品種を手掛ける生産者のやりがいを消費者に知ってもらおう―との狙いも込めた。

 午前10時〜午後3時に開く「ファーマーズマーケット」は、町内外の10店ほどがブラムリーを使ったシードルやパンなどを販売。午前11時半〜午後0時半には、都内で英国菓子教室を開いているステイシー・ウォードさんが菓子作りを実演する。午後1時からは、町ふるさと振興公社職員で、リンゴ栽培の補助などをする畔上翼さんらをパネリストにシンポジウムを行う。

 入場無料。問い合わせは同ミュージアム(電話026・253・1071)へ。

長野市周辺 ニュース