見頃を迎えた御嶽山8合目付近の紅葉と山頂の剣ケ峰(奥)=3日午前10時12分、木曽町三岳

見頃を迎えた御嶽山8合目付近の紅葉と山頂の剣ケ峰(奥)=3日午前10時12分、木曽町三岳

長野県 木曽路 花・紅葉

御嶽山、染まる秋 8合目付近で見頃

信濃毎日新聞(2018年10月4日)

 御嶽山8合目付近で紅葉が見頃を迎えている。木曽郡木曽町三岳の黒沢口登山道で3日、木曽森林管理署の許可を得て小型無人機で撮影すると、爽やかな青空を背景に、赤や黄色に染まった木々と山頂部の岩肌が鮮やかな対比を見せていた。

 2014年9月の噴火災害以降続いていた山頂への入山規制は、今年9月26日に黒沢口登山道のルートが解除。3日も紅葉を楽しみながら山頂の剣ケ峰(3067メートル)を目指す登山者が目立った。

 まだ暗い午前4時半に登り始めた群馬県桐生市の六本木好男さん(68)は、今年から日本百名山完登を目指しており、御嶽山で24座となった。御嶽山山頂で、昨年亡くなった妻が好きだった演歌「木曽路の女」を口ずさんだ。「紅葉が青空に映えて素晴らしい。女房も喜んでくれているでしょう」と話した。

 8合目の山小屋「女人堂」によると、今後、小屋より標高が低い山腹で紅葉が見頃になっていく。

木曽路 ニュース