ツリーの輝きと乱舞するチョウに見入る園児=白山市の県ふれあい昆虫館

ツリーの輝きと乱舞するチョウに見入る園児=白山市の県ふれあい昆虫館

石川県 祭り・催し

チョウツリー、華やかに 白山市の石川県ふれあい昆虫館

北國新聞(2018年11月22日)

 石川県ふれあい昆虫館(白山市)は21日、館内にある温室「チョウの園」で、イルミネーションイベントを始めた。設置されたクリスマスツリー形の電飾が約10種1千匹以上のチョウが舞う空間に華やぎを添え、来館者からは「とてもきれい」との声が上がった。
 イルミネーションは2年前から毎年行われ、高さ約4メートルのツリーに約1500個、通路と花壇に約1600個の発光ダイオード(LED)が用いられている。21日に行われた点灯式では、蝶屋こども園(同市)の年長児39人が「オオゴマダラ」約40匹を放し、温かみのある電飾の輝きとチョウの乱舞に見入った。
 同園の松波帆奏ちゃん(6)は「チョウはかわいくて、お母さんとお父さんとまた見に来たい」と声を弾ませた。イベントは来年2月11日まで。

石川県 ニュース