山ノ内町のカフェが提供し始めたスノーモンキーカレー

山ノ内町のカフェが提供し始めたスノーモンキーカレー

長野県 志賀高原・飯山・北信濃 温泉 グルメ

スノーモンキーカレー登場

信濃毎日新聞(2018年12月16日)

 温泉に入る「スノーモンキー」で有名な下高井郡山ノ内町の地獄谷野猿公苑。その玄関口のバス停前にあるカフェ「クリスタルテラス」が15日、「スノーモンキーカレー」を販売し始めた。

 ご飯でかたどった猿が、お湯に見立てたルーに心地よさそうに漬かっている。目はのり、鼻はアーモンド、耳はバナナで愛くるしい表情を表現。「雪」として細かなチーズもトッピングした。

 カフェの代表、大内龍さん(51)が発案。しばらくは1日5食の限定品だ。「大町市の『黒部ダムカレー』のように、町を挙げての名物にしたい」。町内の飲食店にメニュー化を呼び掛ける。

志賀高原・飯山・北信濃 ニュース