拝賀式で年頭あいさつをする福山貫首=1月2日、福井県永平寺町の大本山永平寺

拝賀式で年頭あいさつをする福山貫首=1月2日、福井県永平寺町の大本山永平寺

福井県 福井・永平寺 その他

大本山永平寺貫首「豊かな一年祈念」 年頭拝賀式

福井新聞(2019年1月3日)

 福井県永平寺町の曹洞宗大本山永平寺で1月2日、年頭拝賀式が開かれた。福山諦法貫首(86)はあいさつで「昨年は福井国体でにぎやかな一年だった。今年は静かで豊かな楽しい一年になることをご祈念申し上げます」と述べた。

 新年祝賀の法要となる拝登諷経(はいとうふぎん)は承陽殿で営まれ、雲水らがお経を唱える中、参列した奉賛会員や町関係者ら約320人が焼香した。

 大光明蔵で行われた拝賀式では、河合永充町長が門前再構築プロジェクト事業に触れ、石畳で再生した旧参道などについて「禅の心を体感できる環境を整備できた」とした。同寺が建設を進める宿泊施設にも言及し「完成を待ち望んでいる。訪れる人、住んでいる人に喜んでいただけるよう願っている」とあいさつした。

 福山貫首は「つつがなく新しい年を迎えられ心から喜び申し上げます」とあいさつ。広間を埋め尽くした参列者は、貫首の言葉に聞き入っていた。

福井・永平寺 ニュース