「第1回京都展」をアピールする千賀遥さん=1月15日、福井県福井市役所

「第1回京都展」をアピールする千賀遥さん=1月15日、福井県福井市役所

福井県 あわら・坂井 祭り・催し

京都物産展来て、舞妓らPR 西武福井店で21日まで

福井新聞(2019年1月16日)

 京都の花街・宮川町の舞妓(まいこ)らが1月15日、福井県福井市役所を訪れ、同市の西武福井店で16~21日に開かれる物産展「第1回京都展」をPRした。華やかなかんざしを挿した黄色い着物姿の舞妓が「うちらもなかなか寄せてもらえへんような京都のお店がたんと集まる」と京ことばで来場を呼び掛けた。

 京都展は同店の創業90周年記念行事の一環で、京都市や京都名店会(京都物産出品協会)などが主催する。食品を取り扱う25業者が出展し、「おばんざい」を盛り合わせた弁当や千枚漬け、八ツ橋、抹茶だんごなどを販売、京都を代表する美味の数々を堪能できる。

 京都展に合わせ16日、JRの京都デスティネーションキャンペーン「京の冬の旅」のPR活動として、西武福井店の正面入り口で「駒屋」の舞妓・とし菜実(なみ)さんが舞を披露する。午前11時、午後1時、同3時の計3回あり、京都らしい風情を味わうことができる。

 15日は、京都名店会の津田純一会長や「駒屋」の舞妓・千賀遥(ちかはる)さん、西武福井店の大野仁志店長らが東村新一市長を表敬。津田会長は「京都のほんまもんの良き品々を紹介できたら」とアピールし、千賀遥さんは「舞で少しでも花を添えられたら」とほほ笑んだ。

 東村市長は、福井と京都の近さに言及し「京都で福井展が開かれるよう頑張りたい」と話していた。

あわら・坂井 ニュース