スタンプラリーの特典のトートバッグなどを紹介する菊地さん

スタンプラリーの特典のトートバッグなどを紹介する菊地さん

長野県 松本・上高地・美ヶ原 祭り・催し

「冬の旅」松本の景色・香り・音 23店スタンプラリー

信濃毎日新聞(2019年1月22日)

 松本市の中心市街地の23店で3月21日まで、スタンプラリー「MatsumotoWinterWalker(ウインターウオーカー)2019」が開かれている。冬の松本を盛り上げようと6回目で、参加店舗は過去最多。関係者は「冬の風物詩」になってきたとし、街歩きのきっかけにしてほしいと期待している。

 今回は「冬の旅」をテーマに、飲食店や洋品店などが期間限定のメニューや商品を扱っている。各店で買い物や食事をして、1回の会計ごとにスタンプ1個を用紙に押してもらう。3個で缶バッジ、11個でトートバッグ(先着50人)がもらえる。全てのスタンプを集めると、参加する飲食店で最終日に行うパーティーが入場無料になる。

 同市中央2の信毎メディアガーデンで2月に開く演劇「MannistMann(マンイストマン)」とも連動。2月11日午後6時からは同市深志3のブックカフェ「栞日(しおりび)」で、出演者と店主たちが「街と芸術」をテーマに話す座談会がある。

 発案者で栞日の店主菊地徹さん(32)によると、スタンプラリーをきっかけに「気になっていた店に行くことができた」といった反響がある。「街には冬ならではの景色や香り、音がある。街を巡る中で、それぞれの感性で探り当ててほしい」と話している。問い合わせは栞日(電話0263・50・5967)へ。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット