果肉感のあるジャムが主役の「信州プリン」。25日開店の「信州プリン工房」(奥)で販売する=松本市

果肉感のあるジャムが主役の「信州プリン」。25日開店の「信州プリン工房」(奥)で販売する=松本市

長野県 松本・上高地・美ヶ原 スイーツ

プリン専門店...主役はジャム 松本市中心部25日開店

信濃毎日新聞(2019年4月24日)

 ジャム製造のスドージャム(松本市)は25日、初の直営店となるプリン専門店「信州プリン工房」を松本市中心部の中町通りに開店する。白いプリンに信州産などの果実を使った果肉感のあるジャムをのせた「信州プリン」を販売。国宝松本城から徒歩5分の好立地でジャムの新たな可能性を提案し「松本のご当地名物スイーツ」を目指す。

 店舗面積は約40平方メートル。信州プリンのジャムはイチゴ、ブルーベリー、リンゴの3種類で、ジャムをのせないプレーンもある。「プリンをおいしくするためだけに開発した」というジャムは果肉の歯触りを残し、プリンはバニラ風味で濃厚な味わいが特徴。容量104ミリリットルの瓶詰めで、価格は1本税込み400円。

 同社は関東、関西方面を中心に全国のスーパーでジャムを販売し、全国シェアは3位という。担当者は「少量でも新商品を開発・販売できるのが直営店の魅力。ジャムの新たな可能性を提案し、需要を掘り起こしたい」と話す。営業時間は午前10時〜午後6時。年末年始を除いて無休。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット