多くの市民に親しんでもらおうと寄託された「アンチプロトン」と和順さん=福井県坂井市みくに市民センター

多くの市民に親しんでもらおうと寄託された「アンチプロトン」と和順さん=福井県坂井市みくに市民センター

福井県 あわら・坂井 その他

故小野忠弘さんの代表作を市に 福井・坂井の収集家

福井新聞(2019年6月14日)

 国際的に高い評価を受けた現代美術作家、故小野忠弘さんに師事し、小野作品の収集家でもある福井県坂井市の和順光(わじゅんこう)さん(70)が、小野さんの代表作「アンチプロトン」(1959年)を同市みくに市民センターに寄託した。来館者の目に留まるよう入り口に掲げられた作品は存在感抜群。和順さんは「多くの市民に小野作品を楽しんでほしい」と話している。

 和順さんは、三国高美術部で教員だった小野さんに教わり、小野さんの晩年まで親交を結んだ。多作で知られる奇才のアトリエに通い、作品をこつこつ買い集めた。

 半立体の「アンチプロトン」は米雑誌「ライフ」に紹介され、ジャンクアート(廃品芸術)の旗手として世界から注目を集めた作品。直径約180センチの円形の鉄板に自転車の車輪やガラス玉などの廃棄物が、びっしりと貼り付けられている。30年ほど前に小野さんから直接購入した。

 寄託は「自宅で保管しておくのはもったいない」と、2017年11月の同センター開館当初から考えていたと言い、20年間展示する。和順さんは「芸術は、難しいと思うのが当たり前。自分なりの感じ方で作品を見てもらえたら」と話していた。

あわら・坂井 ニュース