色彩豊かな日本画39点が並ぶ児嶋さんの個展=11月26日、福井県福井市の県立美術館

色彩豊かな日本画39点が並ぶ児嶋さんの個展=11月26日、福井県福井市の県立美術館

福井県 福井・永平寺 その他

元福井大学長、児嶋さん個展 人、花など日本画華やかに

福井新聞(2019年11月28日)

 元福井大学長の児嶋眞平さん(82)=大津市=の日本画の個展(福井新聞社後援)が11月26日、福井県福井市の県立美術館で始まった。人物や花を描いた色彩豊かな新作・近作が並ぶ。

 児嶋さんは40歳から日本画を始め、これまで大阪や京都でも個展を開いている。今回は2009~19年に描いた8~50号の39点を並べた。

 舞妓(まいこ)が紅を差す姿やプラハで出会ったハープを奏でる女性など、一瞬の美しさを切り取った人物画は色合いも華やか。ハナショウブやボタンを題材にした作品もあり、訪れた人の目を楽しませている。

 児嶋さんは「人物の息遣いや花々の生気を感じてもらえたら」と話していた。12月1日まで。無料。

福井・永平寺 ニュース