新雪で滑りを楽しむスキーヤーら

新雪で滑りを楽しむスキーヤーら

長野県 志賀高原・飯山・北信濃 アウトドア・レジャー

新雪ふかふか、待望の営業スタート 野沢温泉スキー場

信濃毎日新聞(2019年12月25日)

 雪不足で開業が遅れていた野沢温泉村の野沢温泉スキー場が24日、今冬の営業を始めた。同スキー場によると、民営化した2005〜06年冬以降で最も遅い開業で、例年より2週間ほど遅いという。待望の営業開始に、関係者やスキーヤーから喜びの声が上がった。スキー場は来年5月6日まで営業予定。

 この日は外国人観光客や学生ら計629人が利用し、雪が降りしきる中、スキーやスノーボードなど新雪での滑りを楽しんだ。

 23日夜から降った雪の影響で、頂上(1650メートル)付近の「やまびこゲレンデ」は24日朝までに約50センチの積雪。午前8時半の段階で一部コースでの開業を判断した。運営会社の片桐幹雄社長(64)は「このまま断続的に雪が降ってくれればエリアも拡大していける」と期待する。

 大阪歯科大(大阪府)スキー部の嶋村知香さん(20)=3年=は部の合宿でこの日の朝に到着したばかり。開業延期を心配していたが「無事降ってくれてほっとした。しかも新雪でふかふかの雪で最高だった」と喜んでいた。

志賀高原・飯山・北信濃 ニュース

志賀高原・飯山・北信濃
イベント

志賀高原・飯山・北信濃
スポット