長野県 松本・上高地・美ヶ原 アウトドア・レジャー

松本マラソン、松本城眺めやすく 新コース発表

信濃毎日新聞(2020年1月29日)

 10月4日に開く第4回松本マラソンの実行委員会は28日、松本市内で開き、新コースを発表した。走者が国宝松本城を眺めやすくし、交通規制による車の混雑を緩和するなど4カ所を改善。走る楽しさを味わってもらい、リピーターの定着を図る考えだ。第5回大会を2021年10月3日に開くことも決めた。

 第3回大会後の走者の声を踏まえた他、交通規制の緩和を考慮してコース変更した。

 序盤では松本城の北側にコースを新設し、城を半周してビューポイントを拡充。中盤では塩尻市広丘堅石・郷原地区への農道コースを延ばし、周辺に広がる田園の爽快な景色を楽しめるようにする。奈良井川堤防道路を活用し、県営松本空港への車のアクセスも改善。

 終盤では松本市今井の信州スカイパーク陸上競技場から二子橋への折り返しをやめ、パーク内のランニングコースを活用する。空港の航空機の離着陸が間近に見られる。

 大会は実行委と長野陸上競技協会が主催し、松本市と信濃毎日新聞社が共催。申し込みは3月7日午前10時から先着順で受け付ける。「マラソンの部」(42・195キロ)が定員1万人で参加料1万1千円、「ファミリーランの部」(2キロ)は250組で2人一組3300円、3人一組4400円。ウェブサイト「ランネット」などで申し込む。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット