発売したステイホームタクノミセッションIPA

発売したステイホームタクノミセッションIPA

長野県 松本・上高地・美ヶ原 グルメ

松本ブルワリーが宅飲み用の新商品発売

信濃毎日新聞(2020年4月29日)

 新型コロナウイルスの感染拡大によって自宅で過ごす時間が多くなる中、クラフトビール醸造の「松本ブルワリー」(松本市)は28日、「ステイホームタクノミセッションIPA」と名付けた新商品を発売した。
 同社は2017年から毎年、松本市を中心に開催する催し「工芸の五月」に合わせてオリジナル商品を開発。今年は新型コロナの影響で催しが中止になったため、3月に醸造し始めた商品を改良。瓶には大きく「STAYHOME」とあしらった。
 ホップのフルーティーな香りと、すっきりと爽やかな飲み口が特徴。同社が運営するTAPルーム中町店スタッフの本郷綾子さん(44)は「大型連休に遠出しなくても自宅で気分をリフレッシュしてほしい」と話す。
 330ミリリットルの瓶入りで1本税込み495円。同社の店舗は臨時休業中だが、市内外の酒店などで販売する。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット