紅葉が見頃を迎え、大勢の登山客でにぎわう北ア涸沢=6日正午

紅葉が見頃を迎え、大勢の登山客でにぎわう北ア涸沢=6日正午

長野県 松本・上高地・美ヶ原 花・紅葉

北ア涸沢 色彩に抱かれ

信濃毎日新聞(2020年10月7日)

 標高約2300メートルの北アルプス涸沢(からさわ)(松本市安曇)で紅葉が見頃を迎えている。青空が広がった6日は、ナナカマドの赤やダケカンバの黄色に染まった涸沢カールの眺めを登山客が楽しんでいた。

 この日は正午前から日が差し込み、陽光を受けて木々と青空が鮮やかな色彩のコントラストを織りなすと、登山客から喜ぶ声が上がった。千葉県市原市の会社員根本遥奈(はるな)さん(28)は「秋の涸沢にいつか行きたいと思っていたので晴天に恵まれて良かった。感激で胸がいっぱいです」。

 山小屋「涸沢ヒュッテ」によると、今年は長梅雨や、朝晩の冷え込みが少なかったことなどが色づきに影響を与えているが、カール上部では例年より5日ほど遅い9月27日ごろから色づき始めた。現在はヒュッテ周辺が見頃となっており、標高を下げながら裾野に向かって「紅葉のリレー」が続いていく。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット