一乗谷朝倉氏遺跡の来年の特別史跡指定50周年と特別名勝指定30周年を記念した新製品=11月17日、福井県福井市の同遺跡

一乗谷朝倉氏遺跡の来年の特別史跡指定50周年と特別名勝指定30周年を記念した新製品=11月17日、福井県福井市の同遺跡

福井県 福井・永平寺 その他

朝倉氏遺跡新たな土産 家紋入りキャンドルやコースター

福井新聞(2020年11月18日)

 福井県福井市の朝倉氏遺跡保存協会は、2021年の特別史跡指定50周年と特別名勝指定30周年を記念した新製品を11月18日発売する。朝倉家の家紋や唐門をあしらった県産ヒノキのウッドキャンドルや、家紋入りのコースターなど計3点。一乗谷朝倉氏遺跡は新型コロナウイルスの影響で一時、復原町並の休場を余儀なくされたが、6月の再開後はNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の効果もあり好調が続く。保存協会は「来訪記念に購入し、家紋を家庭の"守り神"にしてほしい」としている。

 ウッドキャンドル「越前朝倉一乗谷城」は、県産ヒノキを加工した縦横10・5センチ、高さ20センチの立方体。朝倉家の家紋「三(み)ツ盛木瓜(もりもっこ)」や唐門、一乗谷朝倉氏初代孝景の「孝景十七箇条」の一部を、紫外線で固まるインクを使い印刷した。

 インテリアだけでなく、災害時の備蓄燃料としても使える。通気口に着火剤を置いて点火すると炎が40~50分間持続する。煙がほとんど発生しない特長がある。2800円。

 県産ヒノキを使った家紋入りコースターは、10センチ四方の2点セットで1800円。不織布に入れた県産ヒノキの端材と、穴を開けた5センチ角のヒノキをセットにした入浴剤も380円で販売する。いずれも税別。

 復原町並南出入り口にある保存協会の売店で販売する。

 岸田清会長は「『最強の城』とたたえられる一乗谷城と朝倉氏遺跡を訪れた記念に購入して家に飾り、朝倉家の家紋を家庭の"守り神"にしてほしい」と話している。

 一乗谷朝倉氏遺跡は、1971年に一乗谷城を含む278ヘクタールが国の特別史跡に、91年に諏訪館跡庭園をはじめ四つの庭園が特別名勝に指定された。07年には約170万点の出土品のうち2343点が重要文化財に指定され、国内で6箇所しかない「三重指定」の一つとなっている。

福井・永平寺 ニュース