アマビエや海の生き物が愛らしいイルミネーション=福井県坂井市加戸・公園台コミュニティセンター

アマビエや海の生き物が愛らしいイルミネーション=福井県坂井市加戸・公園台コミュニティセンター

福井県 あわら・坂井 その他

光輝く海の世界 イルミで夜の水族館 福井・坂井

福井新聞(2020年12月10日)

 「夜の水族館」をテーマにしたイルミネーションが、福井県坂井市加戸・公園台コミュニティセンターにお目見えし、光輝く海の生き物たちが施設利用者を出迎えている。

 見る人に和んでもらおうと、加戸・公園台地区まちづくり協議会が2012年に始め、徐々に数を増やしてきた。

 今年はイルカやカメ、サンゴなどの立体的な15体を設置。新型コロナウイルス感染症収束の願いを込め、疫病から人々を守る言い伝えがある海の妖怪「アマビエ」の電飾を「コロナたいさん」の文字とともに壁面に飾った。

 イルミネーション点灯は来月31日までの午後4時半~同9時半。

あわら・坂井 ニュース