「静岡県民ウィーク」のチラシを手にPRする佐々木支配人

「静岡県民ウィーク」のチラシを手にPRする佐々木支配人

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 祭り・催し アウトドア・レジャー

来てね!静岡県民 白樺湖周辺6スキー場

信濃毎日新聞(2021年1月18日)

 立科町と茅野市の白樺湖周辺に広がる六つのスキー場が18日、「静岡県民ウィーク」を始める。今月24日までの1週間と3月1~7日、リフト券を割引販売。小諸市と静岡市を結ぶ中部横断道は2019年11月、山梨県の富沢インター(IC)から南部ICが開通するなどし、行き来しやすくなった静岡県民の利用促進を図る。

 立科町の白樺高原国際スキー場としらかば2in1(ツーインワン)、茅野市のピラタス蓼科スノーリゾート、長和町のブランシュたかやまスキーリゾートはそれぞれ、リフト1日券を2千円で販売。同市の車山高原スカイパークは2400円で販売し、白樺湖ロイヤルヒルはリフト券を500円引きする。

 昨年秋からチラシを静岡県内のスポーツ店やスキーショップに配ったり、地元ラジオ局で宣伝したりしてPRしてきた。今季は新型コロナウイルスの感染拡大で東京都や神奈川県の利用客が激減しており、立科町の2スキー場の支配人を務める佐々木好一郎さんは「今は静岡県民頼み。晴天率が高いこのエリアの魅力を体感してほしい」とアピールしている。

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース

蓼科・八ヶ岳・諏訪
イベント

蓼科・八ヶ岳・諏訪
スポット