長衛の顕彰碑の前に花を手向ける参加者たち

長衛の顕彰碑の前に花を手向ける参加者たち

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪

先人に夏山の安全祈る 南アルプス玄関口の北沢峠で「長衛祭」

信濃毎日新聞(2024年6月16日)

 南アルプス北部の登山道整備や遭難者救助に尽力した竹沢長衛(ちょうえい)(1889~1958年)をしのぶ「長衛祭」は15日、伊那市・山梨県南アルプス市境の北沢峠(2032メートル)で開いた。両市や伊那山の会などでつくる実行委員会が主催し66回目。山岳関係者や登山者ら約150人が参加し、夏山の安全を祈った。

 実行委員長で県山岳協会顧問の唐木真澄さん(80)=伊那市西春近=があいさつした。唐木さんは市営南ア林道バスの運行やテント泊の多さに触れながら、「北沢峠も人気のルートになっている。長衛翁が目指した誰でも気軽に山に登れる証しではないか」と述べた。参加者は顕彰碑に花を手向け、黙とうした。

 式典には伊那市長谷小学校6年生8人も出席し、碑を前に「讃歌(さんか)―長谷」を歌った。県内のプロ奏者ら4人でつくる弦楽四重奏「南アルプスカルテット」が5年ぶりに参加し、ハイドン「ひばり」などを披露。参加者は北沢峠に響く音色に聞き入った。

今月のお得な国内ツアー びゅう

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース

蓼科・八ヶ岳・諏訪
イベント

蓼科・八ヶ岳・諏訪
スポット