屏風岩にできた巨大なつらら=26日、茅野市北山

屏風岩にできた巨大なつらら=26日、茅野市北山

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 アウトドア・レジャー

つらら、青白くそびえる 茅野・横谷渓谷の屏風岩

信濃毎日新聞(2021年1月27日)

 茅野市北山の横谷渓谷にある屏風(びょうぶ)岩に、巨大なつららがいくつもできている。26日は一部に雪がかぶった状態で、青みがかった氷と白い雪の両方の色が楽しめた。蓼科中央高原観光協会によると、つららは横約50メートル、高さ約10メートルにわたる。岩をしたたり落ちる水が凍り、少しずつ大きくなったという。

 巨大なつららは遊歩道近くから眺められる。今季は冷え込みが厳しく、例年より2週間ほど早い昨年12月上旬に凍り始めたといい、つららは3月上旬ごろまで楽しめそうだ。

 同観光協会の石原敏晴さん(69)は「今週末に寒波の予報がある。氷が長持ちするので、まだまだ今後の冷え込みに期待したい」と話した。

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース

蓼科・八ヶ岳・諏訪
イベント

蓼科・八ヶ岳・諏訪
スポット