福井市文化会館の3月末の閉館を前に52年の歴史を振り返るパネル展=2月4日、福井県福井市役所

福井市文化会館の3月末の閉館を前に52年の歴史を振り返るパネル展=2月4日、福井県福井市役所

福井県 福井・永平寺 その他

文化会館52年の軌跡 来月閉館を前に市役所でパネル展

福井新聞(2021年2月5日)

 老朽化で3月末に閉館する福井県福井市文化会館の52年の歴史を振り返るパネル展が2月4日、市役所で始まった。1968年のこけら落とし公演や皇太子(現上皇)ご夫妻の来館を伝える写真、福井ゆかりの著名人の色紙を展示。「最高の芸術に触れることができて感謝」「寂しい」といった市民からのメッセージも並ぶ。

 文化会館は明治100年、福井市制80年、福井地震20周年、福井国体開催年の節目が重なった1968年5月に開館した。パネル展では工事中の様子や松竹歌舞伎座によるこけら落とし公演の写真を並べ、「いくたびかの災禍に屈せず不死鳥の復興をなしとげた福井市がさらに清新な文化都市として発展していくため」と市の思いをつづった市政広報も展示している。

 美空ひばりさんや沢田研二さん、松田聖子さんらスター、宝塚歌劇や劇団四季、文学座や劇団民芸、国内外の交響楽団など舞台で行われた公演の数々を紹介。成人式や子ども会大会、中高生による吹奏楽コンサートの写真や、市観光大使の前川清さん、津田寛治さんら著名人から寄せられた色紙もある。

 市民からは約40通のメッセージが寄せられた。開館時に中学3年生だったという市民は「数多くの一流のものを鑑賞できた。素晴らしい音響施設や舞台装置、コンサートピアノのおかげ」と感謝をつづっている。

 市役所を訪れ展示に足を止めた男性は、小学生のころ文化会館で劇を鑑賞し「どんちょうが大きく迫力があり、幕が開いて気分が高揚したことを今も覚えている」と懐かしむ。「新しい文化会館ができるとしたら、特別なイベントがなくても市民が集える場所になるといい」と話していた。

 パネル展は10日まで。13日から3月31日までは文化会館ロビーで開く。

福井・永平寺 ニュース